マレーシアの医師募集

近年に日系企業の工場を始めとして、マレーシアへの日本人の進出が目立ってきている状況です。当然に日本人が増加していけば、生活に欠かすことができない医療系の職種の需要も上がってくることになります。ここではマレーシアへの医師転職について紹介していきましょう。

現在、製造業関連を始めとして、多くの日系企業が進出しているというのが、現状なのです。マレーシアでは、政府が多くの投資優遇策を実施している状況にありますから、ますます日本企業の進出が増加していくことになるでしょう。一般的には、前述にある製造業をはじめ、営業系の職種の需要が高く、電子系、電気系、機械系、成形、金型関連などの専門の技術を持った人材が需要が高い状況になっています。他にも、カスタマーセンターやテクニカルサポート業務などにおいて、日本人の海外転職が目立っている状況ですから、どんどん日本人の人口が増加していくことが考えられます。

このことから、当然に日本語が堪能であり、日本の医療技術を有した医師の需要が高まってくるのは当然のことと言えるでしょう。そこで問題になってくるのが、語学力でしょう。一般的には、英語の語学力があればOKという思考が強いですが、現地の言葉を覚えることは非常に大事なことなのです。マレーシアの場合には、公用語はマレー語であり、インドネシア語などが混ざっていることが多いという特徴があります。

また中国からの移民も多く、広東語や福建語、潮州語などの中国系の言語も必要な状況にあると言えるでしょう。英語が使えると、第二公用語として認められている状況なので強いかもしれませんが、まだまだ教育の行き届いていない発展途上国であるために、英語さえ覚えていれば問題ないという考えであれば、海外就労に失敗する可能性も出てくると言えるでしょう。

またマレーシアの医療事情として、日本のように治療の値段というものが決まっていないというのが現状です。相場というものはあるものの、マレーシアにおいて医療業界というのは、ビッグマーケットという認識が強い傾向が見られます。つまり、お金持ちは高度な医療が受けることができ、貧乏人はまったく医療を受けることができないというような、医療格差のある国だと言えるのです。当然に日本の医師免許は利用できませんから、現地で資格を取得しなければならないということになります。こういった情報を、転職支援サイトなどのキャリアコンサルタントに相談・収集することこそ、マレーシアでの転職成功の第一歩だと言えるでしょう。

なお、転職先の候補として人気の高い健診業務の求人をお探しの方はこちらのサイトをチェックしてみて下さい。
健診医求人サイト

Copyright (C) 2007-2014 マレーシアの医師募集. All Rights Reserved.